童話「風の子 3兄弟」


「風の子 3兄弟」
         
 あるあたたかい春の日のことでした。
公園に背の高いサクラの木が立っています。
足元にはピンク色の花びらのジュータンがしいてあります。

 ついこの間まで、毎日、ネコやイヌやウサギやタヌキたちが遊びにきていました。
それがお花見のきせつが終わってからというものの、遊びにくるものといったら、小鳥くらいです。
あんなに歌ったりおどったりして、にぎやかだったのに、ひっそりとしています。
サクラの木はちょっぴりさみしく、たいくつに思っていました。
ところが今日は、自分の目の前に、風の子の兄弟たちがいます。
草の上にすわって、なにやらみんなで話をしています。
サクラの木は耳をそばだてながら見ていました。

 一番上の兄さんの名前は「ふういちろう」
青い色のシャツを着て、ナスビのようなお鼻にメガネをかけています。
二番目が「ふうじろう」
黄色のシャツを着て、ラッパのようなりっぱなお耳をしています。
三番目が「ふうさぶろう」
赤い色のシャツにぼうしをかぶり、パンダのような目をしています。

「何をして遊ぼうか?かけっこなんかどうだい?」
一番上の兄さんが弟たちに聞きました。
そう言うと、弟たちはいっせいに首を横にふりました。

「いやだよ。だって、ふういちろう兄さんが、一番早いにきまってるもん。」
「そうだよ。いつもぼくたち、負けてばっかりなんだもん。つまんないよ。」
「なら、力くらべをしようよ。」
 ふういちろう兄さんは弟たちに言いました。
「うん、いいね。でもどうやってやるの?」
「じゃあ、兄さんから先にやってみるから、ちゃんと見てろよ。」


 ふういちろう兄さんは、大きく息をすいました。
体はまるでふうせんのようにふくらんでいきます。
顔はトマトのようにまっ赤です。
今にもぱちんとはちきれそうです。

 そしつぎに口を小さくすぼめると、サクラの木に向かって、思いっきり息をふきかけました。
ビュービュー。ビュービュー。ものすごい大きな音がしました。
木のえだが波をうったように、ちぎれそうなほどにゆれています。
 とつぜん、こんな事をされて、サクラの木はおどろきました。
が、もっとおどろいたのは、えだで休んでいた小鳥たちです。
えだからずり落ちてしまった者さえいます。
小鳥たちはあわてばさばさっと音を立てて、どこかにとんでいってしまいました。

 えだにぶら下がっていた葉っぱたちも、
「あっ!」「わっ!」
と声を上げると、思わずにぎっていた手をえだからぱっとはなしてしまいました。
目と口を大きく開けたまま、さみしそうにすーっと次々に落ちていきました。
地面に落ちた葉っぱたちの悲しそうなため息が聞こえてきます。

 そんなことはおかまいなしに、ふういちろう兄さんは、メガネをもち上げて、にんまり笑って言いました。
「おい、おまえら、ちゃんと見てたか?あんな大きな木のえだをゆらしたんだぞ!葉っぱをたくさん落としたんだぞ!
力が強いっていうのは、こういう事を言うのさ。」


 次はまん中のふうじろうの番です。
向こうの方から、小さな女の子が歩いてきました。
大きく息をすってから、女の子に向かって、息をふきかけました。
ヒューヒュー。ヒューヒュー。
笛をふいたような音がしました。
そのしゅんかん、女の子の頭にかぶっていた白いぼうしが、ふわっと持ち上がり、遠くにとんでいってしまいました。


 女の子はあわてて、とんでいくぼうしをつかまえようと手をのばしました。
すると、かわいそうなことに、体のバランスをくずして、地面に転んでしまったのです。
女の子はうずくまったまま、なきだしてしまいました。
そんなことはおかまいなしに、ふうじろうはとくいになって言いました。
「ほら、見て見て!あんなに遠くまでぼうしがとんでったよ。すごくない?」
 
次は一番下のふうさぶろうの番です。
ふうさぶろうも兄さんたちのまねをして息をふいてみました。
フーッフーッ。フーッフーッ。
しかし、いくらがんばって息をふいても、体の小さなふうさぶろうでは何も持ち上がりま
せん。何度も何度もフーッフーッ。フーッフーッと息をふきました。
 すると、どうしたことでしょう。
ピンク色のジュータンの上の花びらが、一まい、一まいと、お空の方に向かって、ふわっと持ち上がっていったのです。
 水色のお空とピンク色の花びらが、なかよく手をつないで、くっついてしまいそうでした。

 「なーんだ、お前はたったそれっぽっちか?そんなちっちゃな軽い物なら、だれだって持ち上げられるよ。」

 兄さんたちはばかにしたように、ふうさぶろうに言いました。
それでもふうさぶろうは何度も何度もフーッフーッ。フーッフーッと大きく息をふきかけました。
持ち上がった花びらは、まるでチョウのようにひらひらと空中を舞っています。

 その時です。さっきまで地面に転んでないていた女の子が、急にすくっと立ち上がりました。
両手を上げると、ばんざいをして何度も何度もとび上がりました。
ひらひらしている花びらを、手でつかもうとしたのです。

ふうさぶろうはさらに、息をふきつづけました。
 その女の子のすがたを、遠くで見ていた他の子どもたちも、そばにやってきました。
男の子も女の子も小さな子もちょっと大きな子も。
 みんながピンク色の花びらをつかもうと、手を伸ばしてぴょんぴょんとび上がりました。
どの子も目をキラキラかがやかせてわらっています。
子どもたちの黒いかげまでもが、地面ではずんで楽しそうです。

「ぼくはあんなにいっぱい、花びらを持ち上げたよ。
男の子も女の子も、いっぱい持ち上げたよ。だからぼくが一番力もちだよね。」 
 ふうさぶろうが、茶目っ気たっぷりにそう言った時でした。
どこかから低いやさしい声がしてきました。
みんなは、いっせいに声のした方を見ました。

「そうさ。みんなにえがおの花をいっぱいさかせた、きみが一番だよ」
 そこには風の子の兄弟たちを見て、うれしそうにわらっているサクラの木がいました。

(2013年 第25回新美南吉童話賞応募作品)「風の子 3兄弟」
           
 あるあたたかい春の日のことでした。
公園に背の高いサクラの木が立っています。
足元にはピンク色の花びらのジュータンがしいてあります。

 ついこの間まで、毎日、ネコやイヌやウサギやタヌキたちが遊びにきていました。
それがお花見のきせつが終わってからというものの、遊びにくるものといったら、小鳥くらいです。
あんなに歌ったりおどったりして、にぎやかだったのに、ひっそりとしています。
サクラの木はちょっぴりさみしく、たいくつに思っていました。
ところが今日は、自分の目の前に、風の子の兄弟たちがいます。
草の上にすわって、なにやらみんなで話をしています。
サクラの木は耳をそばだてながら見ていました。

 一番上の兄さんの名前は「ふういちろう」
青い色のシャツを着て、ナスビのようなお鼻にメガネをかけています。
二番目が「ふうじろう」
黄色のシャツを着て、ラッパのようなりっぱなお耳をしています。
三番目が「ふうさぶろう」
赤い色のシャツにぼうしをかぶり、パンダのような目をしています。

「何をして遊ぼうか?かけっこなんかどうだい?」
一番上の兄さんが弟たちに聞きました。
そう言うと、弟たちはいっせいに首を横にふりました。

「いやだよ。だって、ふういちろう兄さんが、一番早いにきまってるもん。」
「そうだよ。いつもぼくたち、負けてばっかりなんだもん。つまんないよ。」
「なら、力くらべをしようよ。」
 ふういちろう兄さんは弟たちに言いました。
「うん、いいね。でもどうやってやるの?」
「じゃあ、兄さんから先にやってみるから、ちゃんと見てろよ。」


 ふういちろう兄さんは、大きく息をすいました。
体はまるでふうせんのようにふくらんでいきます。
顔はトマトのようにまっ赤です。
今にもぱちんとはちきれそうです。

 そしつぎに口を小さくすぼめると、サクラの木に向かって、思いっきり息をふきかけました。
ビュービュー。ビュービュー。ものすごい大きな音がしました。
木のえだが波をうったように、ちぎれそうなほどにゆれています。
 とつぜん、こんな事をされて、サクラの木はおどろきました。
が、もっとおどろいたのは、えだで休んでいた小鳥たちです。
えだからずり落ちてしまった者さえいます。
小鳥たちはあわてばさばさっと音を立てて、どこかにとんでいってしまいました。

 えだにぶら下がっていた葉っぱたちも、
「あっ!」「わっ!」
と声を上げると、思わずにぎっていた手をえだからぱっとはなしてしまいました。
目と口を大きく開けたまま、さみしそうにすーっと次々に落ちていきました。
地面に落ちた葉っぱたちの悲しそうなため息が聞こえてきます。

 そんなことはおかまいなしに、ふういちろう兄さんは、メガネをもち上げて、にんまり笑って言いました。
「おい、おまえら、ちゃんと見てたか?あんな大きな木のえだをゆらしたんだぞ!葉っぱをたくさん落としたんだぞ!
力が強いっていうのは、こういう事を言うのさ。」


 次はまん中のふうじろうの番です。
向こうの方から、小さな女の子が歩いてきました。
大きく息をすってから、女の子に向かって、息をふきかけました。
ヒューヒュー。ヒューヒュー。
笛をふいたような音がしました。
そのしゅんかん、女の子の頭にかぶっていた白いぼうしが、ふわっと持ち上がり、遠くにとんでいってしまいました。


 女の子はあわてて、とんでいくぼうしをつかまえようと手をのばしました。
すると、かわいそうなことに、体のバランスをくずして、地面に転んでしまったのです。
女の子はうずくまったまま、なきだしてしまいました。
そんなことはおかまいなしに、ふうじろうはとくいになって言いました。
「ほら、見て見て!あんなに遠くまでぼうしがとんでったよ。すごくない?」
 
次は一番下のふうさぶろうの番です。
ふうさぶろうも兄さんたちのまねをして息をふいてみました。
フーッフーッ。フーッフーッ。
しかし、いくらがんばって息をふいても、体の小さなふうさぶろうでは何も持ち上がりま
せん。何度も何度もフーッフーッ。フーッフーッと息をふきました。
 すると、どうしたことでしょう。
ピンク色のジュータンの上の花びらが、一まい、一まいと、お空の方に向かって、ふわっと持ち上がっていったのです。
 水色のお空とピンク色の花びらが、なかよく手をつないで、くっついてしまいそうでした。

 「なーんだ、お前はたったそれっぽっちか?そんなちっちゃな軽い物なら、だれだって持ち上げられるよ。」

 兄さんたちはばかにしたように、ふうさぶろうに言いました。
それでもふうさぶろうは何度も何度もフーッフーッ。フーッフーッと大きく息をふきかけました。
持ち上がった花びらは、まるでチョウのようにひらひらと空中を舞っています。

 その時です。さっきまで地面に転んでないていた女の子が、急にすくっと立ち上がりました。
両手を上げると、ばんざいをして何度も何度もとび上がりました。
ひらひらしている花びらを、手でつかもうとしたのです。

ふうさぶろうはさらに、息をふきつづけました。
 その女の子のすがたを、遠くで見ていた他の子どもたちも、そばにやってきました。
男の子も女の子も小さな子もちょっと大きな子も。
 みんながピンク色の花びらをつかもうと、手を伸ばしてぴょんぴょんとび上がりました。
どの子も目をキラキラかがやかせてわらっています。
子どもたちの黒いかげまでもが、地面ではずんで楽しそうです。

「ぼくはあんなにいっぱい、花びらを持ち上げたよ。
男の子も女の子も、いっぱい持ち上げたよ。だからぼくが一番力もちだよね。」 
 ふうさぶろうが、茶目っ気たっぷりにそう言った時でした。
どこかから低いやさしい声がしてきました。
みんなは、いっせいに声のした方を見ました。

「そうさ。みんなにえがおの花をいっぱいさかせた、きみが一番だよ」
 そこには風の子の兄弟たちを見て、うれしそうにわらっているサクラの木がいました。

(2013年 第25回新美南吉童話賞応募作品)白鳥鈴奈作 
posted by 白鳥鈴奈 | 童話

童話「ミャオのクリスマスプレゼント」

「ミャオのクリスマスプレゼント」

それはローテンブルグという石畳の古い小さな街でのお話です。
黒いネコが木の固いテーブルの上に乗って、家人と昼の食卓を囲んでいます。
ネコの名前はミャオ。人間の年齢なら20歳くらいでしょうか。
ぺろぺろとお皿の上のミルクをなめています。
食卓を囲む女の子はなんだかそわそわしています。

「今夜サンタさん、来てくれるかしら?去年も来てくれなかったんだもの。」
ほお杖をつきながら女の子のメルがそうつぶやくと、母親はこう言いました。

「そんなほお杖をついているようなお行儀の悪い子には来ないだろうよ。それにサンタさんだって忙しいのさ。忘れる事もあるだろうさ。さあ、早く食べてしまいなさい。」


お母さんは急に不機嫌になり、女の子はがっかりして、ジャガイモのスープを飲み干しました。
そして僕にむかってこう意地悪く言いました。
「あなたにだってサンタさんは来やしないわよ!」
そういうと、外に出て行ってしまいました。

いつもは優しい女の子なのに、どうしちゃったのかな?
サンタさんが来ないからなのかな?
僕はまだテーブルの上でおお母さんとお父さんの話を聞いていました。

「かわいそうだけど、あの子に今年もプレゼント買ってあげられなかった。来年こそはきっと・・・」
「それともサンタがいないってこと、言ってしまった方がいいんじゃないかね。」
お父さんが言いました。
「いえ、1度くらい、サンタさんからプレゼントをもらったって喜んでいるあの子の顔をみたいじゃないの。来年こそは・・・」
「そうだね。」
寂しそうな低い声がしていました。

僕は家の外に飛び出しました。
なぜだか悲しい気持になり、石畳の上をたった、たったと足軽に広場までかけていきました。
広場ではお店やら着飾った人やらのおしゃべりで楽しそうです。

広場で絵を描いているおじいさんの画家がいました。
僕を見ると、「そこにじっとしておいてくれ。」
そういいました。
じっとしているのは寒かったけれど僕はじっとしていました。
おじいさんは僕をじっと見て何やらしています。
やがて、
「よし、かわいい絵が描けた。これならクリスマスプレゼントに売れるだろう。ありがとう。」
お礼なんか言われたことがなかったので僕はびっくりしました。
おじいさんは道に絵を並べました。絵に僕が描いてありました。
「お礼にこれをあげよう。さっき似顔絵を描いた女の子からもらったんだけど、こんなじいさんにゃあ、指輪は似合わないって。」
笑いながら、僕の首に赤いひらひらするものと指輪とかいう物を結んでくれました。

僕はまた、たった、たったと走って家に帰りました。
お母さんは首に赤いひらひらを巻いている僕を見ると、くすっと笑いました。

「どうしたんだい?まるでミャオがプレゼントみたいじゃないかい」
そうして、指輪とかいう物を見ると、「これは、メルにかい?」
目を細めながら見つめていました。
夕食の時、お母さんもお父さんもニコニコしています。
「今年はサンタさんが来そうな気がするよ。」
女の子のメルは目を輝かせました。
「私、いい子だったかしら?サンタさん、忙しくてウチに来るの忘れたりしない?」
「ああ。だから、今日は早めに寝るといいさ。」
メルは喜びいさんで早く干草のベッドに入りました。
「あなたにもサンタさんが来るといいわね」
と女の子は僕に優しく言いました。
屋根の上では星がたくさんまたたいています。
翌朝、赤いリボンと指輪がメルの枕もとの干草の一本に結んでありました。
見つけた女の子のうれしそうな歓声が朝一番に聞こえてきました。


kurisumasu-ri-su4.jpg
メールマガジン「愛の砂時計」掲載 白鳥鈴奈作
posted by 白鳥鈴奈 | 童話

童話「見えないクリスマスプレゼント」

 「見えないクリスマスプレゼント」

クリスマスの日のことです。
「今年もサンタさん、メルのところに来てくれるかしら?
 メルは今年、いい子だったし。」

ローテンブルクの小さな街に住む小さな女の子メルが目をキラキラさせながら言いました。
そばにミャオという黒いネコが、大好きな女の子・メルを見つめています。
お母さんは繕い物の手を休め、こう言いました。

「サンタさんはきっと大忙しだと思うね。だって考えてもごらん? 世界中をたった1日で回らなくちゃならないんだからね。 目に見えない速さで家から家へ回っているんだよ。メルだってサンタさんを見た事はないだろう?」
「だから・・・」

そこまで言うと、
「来るのを忘れる事もあるだろうよ!」
と言いかけて、お母さんは口をつぐみました。
「だから・・・?」
メルは眉毛をへの字にして聞き返します。
ネコのミャオも心配そうに耳をピンと立てて次の言葉を待っています。

その時です。
「メル、知っているかい?」
お母さんの言葉を続けたのはお父さんでした。

「母さんの言った通り、サンタさんもさすがに、世界中の子供の家を回るのは大変だから、直接来るのは何年かに一度なんだよ。だけど、たくさんの妖精にお願いして手伝ってもらってるんだよ。だからメルの家にも届けにきっと来るはずだよ。」
 「ほんと?」
メルの顔がぱっと明るくなりました。
 「そうさ。それに妖精の持ってくるプレゼントをもらった子はとっても幸せな子なんだよ。 中には、たくさん、いい物が入っているんだから。幸せがいっぱい入ったプレゼントってわけさ。」
メルはへーと大きく嬉しそうに頷きました。
お父さんはゆっくりと考えながら、言葉を選びながら続けます。
 「ただ、このプレゼントは外の箱が見えなくて、中に入っている物がすぐには見えないんだよ。」

それを聞いた途端です。
それまでニコニコしながら聞いていたメルは、怒ったように
プーと頬を膨らませました。
それでも、お父さんはメルの頭を優しく撫でながら続けます。
「だけど、時間がたつと、箱に入った物がだんだんと見えるようになってきて、自然に箱が開くんだよ。」

とうとう、メルのプーと膨らんだ頬ははじけてしまいました。
「そんなもん、メルはいらない!
 見える物でなければ、そんなもん、いらない!」
ふくれっ面してメルは家から飛び出してしまいました。
ネコのミャオも後をたったたったと追いかけていきます。

石畳の広場まで来ると、薄いボロ着を着たお爺さんが、ちょっと高くなった石の上に座っていました。
「どうしたんだい?今日はクリスマスの日だっていうのに。そんな顔をして・・・」
ふくれっ面のメルを見て、お爺さんは言いました。

「だって、今年はいい子だったのに、サンタさんが今年は来なくて、代りに妖精が見えないプレゼントを持ってくるっていうの。 見えないプレゼントを!」

メルは最後の言葉を強調して、お爺さんに訴えるように言いました。
「ふーん。そうかい。」
お爺さんは、何もかもわかったようにゆっくりと頷き言いました。
「ところで、何かを忘れてないかい?今日はなんの日かを」
「忘れてなんかいないよ!クリスマスの日だってば!」
メルは意地になって大きな声で言いました。
「それはなんの日だったかな?」
「だから、サンタさんがプレゼントをくれる日!」
「ほんとうにそうだったかね?」
お爺さんは眼鏡の縁を持ち上げメルを優しく覗き込みました。

メルは少し考え直して言いました。
「神様が生まれた日のお祝いの日!」
「そうだね。それに神様じゃなくたって、生まれた日っていうのは、目出度いものさ。そうだね、お前さんの生まれた日だって、みんな大喜びだったろうよ。」
お爺さんは目に笑みを浮かべて言いました。
  「そうだけど・・・。

 ところでお爺さんは、ここで何をしてたの?」
今度はメルが聞く番です。
「この道を通る人を見ていたのさ。」
「でもどうして?こんな所で寒くない?」
不思議そうな顔をしてメルはお爺さんを見ました。
「一緒にクリスマスを祝いたいからさ。
楽しそうにしている人を見ると私も楽しくなるからね。」
そう言ってからお爺さんはポケットに手をつっこみました。

そしてごそごそと何か小さなものを取り出しました。
いえ、取り出したように見えました。
だって、手の中には何も見えなかったからです。
「私からのプレゼントだよ。見えるかい?今見えたらたいしたもんだ。見えなくてもそのうちに姿を現すようになる。その時のお前さんの幸せそうな顔が見えるようだよ。」
ウェインクしながらお爺さんはメルの手のひらにちょこんとのせました。

「それと、このクリスマスカードもやろう。」
お爺さんはメルのもう一つの手のひらに二つに折りたたんだカードを載せました。
メルは字が読めないので何が書いてあるのかわかりません。

メルはとりあえずお礼を言うと家に帰りました。
ミャオも嬉しそうに足を弾ませ、尾っぽを揺らしてついてきます。
メルが戻ると、それまで寂しそうな顔をしていたお母さんとお父さんもメルの顔を見てほっとしたようでした。

メルは、持っていた見えない箱とカードを自分の宝箱にしまいました。
宝箱と言っても、余り木でできた箱です。
中には、昨年のサンタさんのプレゼント(?)の赤いリボンとおもちゃの指輪が大切そうに入っています。
「今日はクリスマスだから、これからケーキでお祝いだよ!」
お母さんがメルを喜ばせようと大きな声で勢い良く言いました。
四角い木の硬いテーブルの上には、パン生地にクリームが少しだけ乗ったケーキとジャガイモのスープがあります。

テーブルの4辺にお父さん、お母さん、メル、そしてネコのミャオが顔を並べています。

「今日ね、広場におじいさんがいてね、・・・」
メルは話し出しました。
ローソクの灯りの中、みんなの笑い声がしています。
今年も楽しいクリスマスになりそうです。

ところで、メルの出会ったおじいさんは、お父さんの話していたサンタさんのお使いの妖精で、もらったプレゼントも「見えない
プレゼント」だったのかもしれません。

時間がたつと、中に入っている物がだんだんと見えるようになってきて、自然に箱が開くという・・・
そしてもう1つのカードにはこう書かれていたのです。

  「 いつか、この箱の中の 
  たくさんの幸せと愛の姿が見えた時
  すでにたくさんの幸せと愛を
  受け取っているであろう・・・ 」


kurisumasu-rousokus.jpg
メールマガジン「愛の砂時計」掲載 白鳥鈴奈作
posted by 白鳥鈴奈 | 童話